2008年度 東大合格者ランキング:大学受験 HOW TO 現役東大生の受験勉強法

2008年度 東大合格者ランキング


2008年度の東大合格者の高校別ランキングです。


順位 高校名       東大合格者数
1  開成        188
2  灘         114
3  筑波大附属駒場   75
4  麻布        75
5  学芸大学附属高校  74
6  桜蔭        59
7  聖光学院      44
8  海城        44
9  東大寺学園     43
10 栄光学園      42
11 ラ・サール     39
12 駒場東邦      38
13 桐朋        32
14 広島学院      32
15 洛南        31
16 浅野        29
17 都立西       28
18 甲陽学院      28
19 土浦第一      26
20 女子学院      26
21 久留米大附設    26
22 西大和       26
23 愛光        22
24 青雲        21
25 江戸川学園取手   20


相変わらず1位と2位は開成と灘で変わりませんね。
何年もずっとこの2校が上位を独占しています。


開成と灘の次に筑波大附属駒場,麻布,学芸大学附属高校と続きます。


開成、麻布、武蔵は、かつて御三家と呼ばれた有名高校ですが、
武蔵の東大合格者数がだんだんと減ってきています。
武蔵の代わりに最近では海城や駒場東邦などが東大合格者数を徐々に増やしてきています。


6位には女子校の中ではトップの桜蔭がつけています。


東大合格ランキングの上位には私立が多いですね。
私立は自由に教育をできることが大きな要因だと思います。


開成や灘などのトップ私立では高2までで公立高校が高校3年間で学ぶことを全て終わらせてしまいます。


授業の内容も東大受験を意識しており、レベルが公立高校よりも高いです。


灘出身の東大生で大学の成績は決して良いわけではないのですが、
数学だけはいつも優(東大の試験の成績の中で最もいい成績)をとっている人がいました。


話を聞くと、高校の授業で既に東大の数学と同レベルの数学を習っていたんだそうです。


日本の最高学府の数学と同レベルの授業を高校で行っているんです。
自分の高校との授業のレベルの格差を感じずに入られませんでした。


本気で東大に行きたいのであれば、高校受験の時から東大に行きやすい高校を選んだ方が良いと思います。


東大に行きやすい高校と言えば、やはり東大合格者ランキングで上位に来ているような高校です。

上のランキングには載っていないのですが筑波大学附属や県立浦和も毎年多くの東大合格者を輩出しています。

東大合格者が多い公立高校としては、土浦第一高校、県立浦和高校、都立西高校などがありますね。


東大生のつらつら日記

Sponsored Link

Sponsored Link

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。