生きた英語を学ぶ その1:大学受験 HOW TO 現役東大生の受験勉強法

生きた英語を学ぶ その1

みなさんはどうやって英語を学んでいますか?
学校の英語の教科書?それとも文法や長文問題などの問題集?

たいていの高校ではこれらを使って授業を進めているはずです。
しかしたいていの場合、学校の授業だけでは生きた英語を学ぶことはできないんです。
もちろん大学受験のためには教科書や問題集の学習は欠かせません。
文法や長文の練習を怠っては絶対に東大やその他の大学には受かりません。
これから私の言うことは決してそいういった基本的な練習をないがしろにしても良いというわけではないので注意してください。


では高校の授業には何が足りないのか?
それはずばり英語でコミュニケーションする能力を養う学習です。
私は中学1年から英語の勉強を始めてもう今年で8年目になります。
8年間も英語を勉強していますからたいていの文章なら読むことができます。
東大の英語の授業でもアメリカの科学誌の長文を取り扱ったりしてかなり専門的な文章を読むこともよくあります。

しかしそれでもネイティブの人たちと英語で会話することはほとんどできません。
生きた英語とは学校で習う語学としての英語ではなく日常会話として用いる英語のことです。

8年間も英語を学習してきたのにいまだに満足に英語を話せないなんて自分でもかなり情けないです。
これまで私は生きた英語の学習をかなり怠ってきました。
その結果として今の私があります。
だからこそ今中高生のみなさんには私のような失敗は絶対にして欲しくありません。

これから書く生きた英語の勉強法は現在私も実行しているものです。
まだ始めて日も浅いのでこの勉強法を確立したわけではありませんが今のところ効果は出てきているのでみなさんにも紹介しようと思います。


「生きた英語を学ぶ その2」に続く

大学受験HOW TO 英語

Sponsored Link

Sponsored Link

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。