英語は辞書を使うな!:大学受験 HOW TO 現役東大生の受験勉強法

英語は辞書を使うな!

たとえば「cultivate」という単語を辞書で調べてみると「耕す」「培養する」という意味がのっています。
しかし実際のテストでは辞書を使うことはできません。

それでは「推断」という単語の意味は何でしょうか?
あまり使わない単語ですが推測や推理の「推」、決断の「断」が使われていることから「推測して決断する」という意味が予想できます。

「推断」という単語の意味を知るのにあなたは辞書を使いましたか??
日本語の文章に対しては辞書を引きながら読む人はまずいません。
なんとなく創造できるしその言葉の意味がわからなくても前後の流れからその文章の内容が大体つかめるからです。ところが英語になると全部の単語の意味を知ろうとしてそのつど辞書を引くから時間がかかります。
そしてぜんぜん進まないでいるとだんだんとめんどくさくなってきて、最終的には英語がいやになってしまいます。
そうならないための第一歩としてはすぐに辞書は引かないことです。

英語も日本語と同じで単語の意味は大体予想することができます。
たとえばさっきの「cultivate」という単語の場合はculture(文化、教養)のcultという単語が含まれています。
cultivateはcultureと語源が一緒なことがわかります。
つまり文化とは社会を耕してできる、教養とは頭を耕して身につくものです。
このように言葉とは日本語でも英語でも変形したり合成させたりして出来ているものが多いんです。
大事なことはそれらをすばやくイメージできるかどうか、つまり英語は想像力さえ旺盛ならぜんぜん難しくないんです。
そのため英文は完璧に読んで訳して理解しなきゃいけないという考え方は今すぐ捨てましょう。
英語を学ぶときの気持ちはいい加減、適当、不真面目でいいんです。
だから英語は楽しくて面白いんです。

東大受験勉強法 英語

Sponsored Link

Sponsored Link

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。