暗記に蛍光ペンを使ってはいけない!:大学受験 HOW TO 現役東大生の受験勉強法

暗記に蛍光ペンを使ってはいけない!

暗記をするときに教科書や参考書は線を引いたり塗ったりしていませんか??
僕も高校時代、英単語を暗記するときなんかに蛍光ペン使ってました。
けど実際には蛍光ペンで要所を塗っても何も頭には入ってないんです。蛍光ペンで教科書を塗ることによって勉強した気になっているだけです。

「ノートを汚して教科書を汚すな」

なぜなら教科書や参考書が線や書き込みで汚れるとそこは覚えた気になってしまいます。
一旦そう思い込むともう一度そこをやり直す気力が薄れてしまうんです。
これを防ぐために教科書は常に真っ白にしておいてください。
そうすることによって自分はまだやっていない、やらなきゃいけないことがたくさんある…と、ある程度の不安感を持って自分を追いたてながら勉強をしたほうがいいんです、
さらに教科書がきれいだと何度繰り返しても新鮮な気持ちでいられて再挑戦する気力もわいてきます。

では暗記をするときは蛍光ペンを使うのではなくどうしたらいいんか?
答えは簡単です。
要点をただひたすらノートに書きましょう。
人間は者を覚えるには書くという行為がもっとも有効なんです。
人間の体の構造上、脳と手は連動しているから手を動かすと脳もよりいっそう活発に動きます。
だから視覚に頼って記憶するよりも何十倍も効率がいいんです。

『何かを覚えようとするのならとにかく書け!ノートでも紙切れでもそばにあるものに書いて書いて書きまくれっ!』(柳鉄之助・数学教師)

東大受験勉強法 全科目共通

Sponsored Link

Sponsored Link

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。