大学受験の英単語 〜その2〜:大学受験 HOW TO 現役東大生の受験勉強法

大学受験の英単語 〜その2〜

前回は教科書を音読して丸暗記するという方法でした。
しかし高3になって本格的に大学受験勉強を始めたら教科書なんてもう簡単すぎるという人も多いと思います。
そこでお勧めなのが増進会出版の速読英単語必修編です。
入門編、必修編、上級編と分かれていますが受験勉強には必修編が一番お勧めです。
必修編が一番お勧めなのにはちゃんと理由があります。
第一に大学受験の英単語 〜その1〜の通りに教科書を丸暗記してしまえば入門編に出てくる英単語はほとんど知っているはずです。
また医学部受験でもない限り必修編だけで大学受験に必要な英単語はほとんど全てカバーしてますので必修編が終わったら上級編に手を出すのではなく必修編を何度もやりましょう。
東大受験も速単の必修編だけで十分です。
ただ勉強方法には注意が必要です。
速単には全ての章に100〜200語程度の英文がついているのですがこの英文を全く読まないで英単語のページだけを見て暗記している人をよく見ます。
この勉強法は非常に効率が悪いです。
必ず英文を読んで(音読して)英単語を文脈の流れから暗記しましょう。
大学受験に必要な英単語は非常に多いです。
できるだけ効率的に暗記していきましょう。
ちなみに僕は速単1章に30分くらいかけて以下の流れで暗記していました。
英単語のページに軽く目を通す。

英文のページを繰り返し音読する。英文を見たら自然と和訳が頭に浮かぶくらいまで音読しました。

英単語のページに戻り1単語につき10回程度書き取り練習。

最後に英単語の和訳だけを見て覚えてるかテストする。
この勉強方法なら単語力だけでなく総合的な英語の力もつきますからぜひ実践してください。
僕は高3の5月頃から大学受験に向けて受験勉強を始めたんですが1日に2章のペースで進めました。

大学受験HOW TO 英語

Sponsored Link

Sponsored Link

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。